ホーム
What'sNew
会社案内
会社概要
所在地
ロゴマーク
事業内容
実績
採用情報
お問い合わせ
リンク
フォトアルバム
人気ブログ
 


2007年4月、代表の堀田が知人から記念品を頂きました。                          それは、ギリシャ神話の海洋を司る神『ポセイドン』が手に持つ三叉の矛に似ており、一目見て気に入り、これを会社の新しいロゴに、とその場で決め直ぐ製作を依頼しました。                              そして、完成したのがこれです。

従来のロゴタイプと組み合わせて、2通りを使い分ける予定です。

ロゴマーク №1

ロゴマーク №2


三叉の矛を三本の槍となぞらえ、意味付けしました。                            
                                                        私は、知行合一という言葉が好きです。
知識は行動に移さなければ意味がなく、行動することによって、より成長する。
知識を技術と言い換えていいかもしれません。
それには、怯まず恐れず、勇気を持って行動しなければなりません。
これを『挑戦』という一言で表したいと思います。

もう一つ好きな言葉は、敬天愛人です。
天を敬い人を愛す・・・お客様に喜ばれる製品を作り、社員も喜びを感じて働ける、そんな会社にしたいものです。
これを全部含めて、『信頼』という一言で表したいと思います。

『挑戦』と『信頼』、この二つ以外に私なりに絶対必要と考えるのが、七転び八起きの精神です。
いくら挑戦しても、いくら信頼があっても、いくら愛があっても、継続しなければ意味がありません。
一度や二度の失敗など何するものぞ、といった気概、そして胆力が必要です。
これを一言で表したら?・・・・これは難しい。
情熱、熱意、気概、胆力どれもピンときません。
スマートではありませんが『執念』という言葉を選びました。

『挑戦』『信頼』、そして『執念』これが我が社の三叉の矛(三本の槍)です。

そして、その三本の槍が向いている方向は、どんなに小さくても『メーカー』となることです。
これは目標であり夢です。
『メーカー』の中には、小さくてもその卓越した技術力で、大企業が一目も二目も置く企業もあれば、猛烈な社風そのものの勢いで大企業になった『メーカー』もあります。                                                     
この二つの企業に共通するものは、規模や売上の大小ではなく、何より大切なものは、泥臭く諦めない、ということでしょう。

『泥臭く諦めない』・・・何を置いても我が社に必要なものは、これなのです。

そして、その象徴が新しいロゴとして形となった次第です。                                                                                                                                                   
                                                            
                                                                          2007年5月23日 代表取締役 堀田正彦

               


          

Top